個人差が大きい年収

Webエンジニアの年収は、多くが400万円台です。
正規雇用をされている中で、プロジェクトリーダーや管理職を任されている場合は年収は高い傾向にあります。
600万円超える年収を獲得している人もいるようです。
一方、非正規雇用で下請けの仕事に専念しているのであれば、年収300万円に満たないこともあるでしょう。
あまり仕事を入れないでいると、年収は200万円に届かないこともあります。
どのような働き方をしているかで、年収も上下していくのは当然と言えるでしょう。
また、完全にフリーランスで、企業との関わりを断ち切っているWebエンジニアも存在しています。
自分一人で直接顧客から仕事を請け負って、間に企業を挟まないやり方です。
このスタイルなら、時には高収入を狙うこともできます。
中間コストを搾取されることがないので、大きな仕事を一人で終わらせたときにはその分リターンも大きくなるわけです。
時には年収1000万円以上も可能です。
会社員として働いているだけでは不可能な収入を手にできる場合もあるので、独立したいというWebエンジニアの数はかなり多くなっているのが現実です。
ただ、完全にフリーランスでそこまで稼げる人は、よほどのスキルを持っているか、もしくは仕事のスピードが異常に早い人たちばかりです。
もちろん、高単価案件を獲得するポイントも知っておかなければ収入アップには繋がりません。
自分にそこまでの能力がないと思うなら、会社員として働き続ける道を選びましょう。
そのほうがリスクが少ないですし、安定した生活が約束されるからです。